長年お使いの水まわり製品は、メンテナンスが必要です

水まわりの不具合や故障について

一般家庭の水道が使われる箇所で水道回りの水道配管には金属や硬質の樹脂などが使われています。

そこから水道を必要な時に必要な分だけ使用できるように蛇口が取りつけられています。この蛇口も金属などで製造されています。接続部分の金属の配管との間には、パッキンと呼ばれる水道部品が使われています。

これはゴム製がほとんどでコスト面でも安く多く使用されています。接続部分にしっかりと挟み込む事で、水漏れを防止しています。このパッキンを使用しないと金属と金属のわずかな隙間から、水漏れがしてくる事を防ぐ事ができなくなります。ゴム製品は伸縮性があるので挟むものの隙間をなくしてくれる利点があります。
しかし、長期間使用し使い続けていると経年劣化していくというデメリットもあります。したがって、長年使い続けている水道の蛇口の隙間から、水漏れが生じてしまう事もあります。水道屋や水道業者が水漏れ修理する時には事前に交換部品として用意されていて消耗品としても知られています。
長年使い続けたパッキンは亀裂が入っていたり、硬化したり、簡単にちぎれてしまったりして、もろくなっている事が多く見受けられます。長年使用していなかった蛇口を開栓した時に劣化していた部分が破損して蛇口から水漏れを起こしてしまう事もあります。古い蛇口などを使っている場合には、交換用としてのパッキンも入手することができない場合もあり水道修理不能と言う事態もあります。 この水道修理ができない際には、新品の蛇口に蛇口交換する必要があります。

日頃から使っている水まわりの水が止まらなくなったり、止めたにもかかわらず水漏れしてしまう事があるかもしれません。その場合には、その水道回りの製品の部品やパッキンが劣化している可能性が高いので水道業者に水道の修理依頼をすると良いでしょう。
水道業者も水道修理や水道工事に必要な消耗品の交換対応として迅速に交換修理をしてくれるはずです。風呂、台所、キッチン、洗面所、トイレ、給湯器、蛇口などで水漏れのままにしておくと、少しの水でも時間と共に水道料金も増してしまうので注意が必要です。もし、風呂、台所、キッチン、洗面所、トイレ、給湯器、蛇口などで水漏れが起きた時には、早めの水道修理することが望ましいです。

修理施工スタッフの活動日記

グリストラップや排水管が東大阪市で詰まってた修理
------------------------
宇治市のリピーターさまから水漏れの修理依頼
------------------------
水漏れしている蛇口を西京区で修理
------------------------
神戸で洗面台下からの水の漏れが発生
------------------------
水漏れの原因を調査し富田林市で修理施工
------------------------
京都でトイレタンクの水漏れが部品の故障だった
------------------------


総合サポート

copyright©2019 東大阪水道Tipi all rights reserved.