無理した修理はできるだけ避け業者に任せる

東大阪水道

水道業者が水道屋を修理依頼した方がよいケース

トイレや便器の水位異常が発生して自力解決をしようか?原因が何なのか?ということを考えるときに、やりがちなミスとして、トイレットペーパーが詰まっているのではないかと安易な考えでラバーカップを使って取り返しのつかない事態になってしまうことが少なくありません。

以下のような状況下では、業者手配を検討してみてください。
●スマホや携帯を落下させて排水してしまって、排水を流してしまった。(便器の排水口の引っかかっていないときなど。)
●排水口の異物を取り出そうとしていたら、さらに奥へと入っていってしまった。
などです。こうなってしまえば自力で解消しようといくら頑張っても更に悪化してしまうケースが多く、修理業者に任せた方が良い場合が多くあります。

最もスマホや携帯電話がすでに排水口に見当たらない場合には、排水経路の奥にまで流れてしまっている可能性が高いといえます。便器と床音をつなぐ部品を破損させてしまったり便器の中で引っかかってしまって取り出せないといった非常事態にも待ってしまうことがあります。便器から排水管に流れていく配水経路は複雑な形状をしていて自力で取り出すことが困難である。
やりがちなミスとして命を絶たれるのでしたら、便器の排水口から固形物が流れて入ったしまった場合に、ラバーカップ(スッポン)を使うのはリスクが高く、さらに奥に押し込んでしまう可能性もあり当社としておすすめできません。避けた方が賢明です。
「どうにもならない」と思ったら無理をせず修理業者を手配しましょう。このような状態では、修理業者も固形物がどこで詰まっているか判定できなく、どこで詰まっているのかわからないので見ただけではお見積りすることもできません。
実際に便器を取り外すなど見積もりをするための軽作業が必要になってくることが大多数である。

お客様が点検するとしても便器の排水口の中に手を入れて固形物が残っていないか確認をしたり屋外の排水枡の点検口を開けて固形物が残存していないかの確認をすることぐらいしかできません。修理業者が現場に駆けつけても同様の作業をするだけで、便器を取り外すなどの軽作業を行うのであれば別途料金が必要になってきます。

水道修理を依頼する利点

水道修理を依頼する利点は以下の通りです。

●専門知識を持ったプロが修理を行うため、修理の品質が高くなる可能性があります。
●修理に必要な専門的な工具や部品を持っているため、素早く修理を行えます。
●修理中にトラブルが発生しても、プロが対応するため安心感があります。
●修理作業に関連する保証やアフターサポートがある場合があります。

水道修理は、水まわりのトラブルの多くが発生する場所であり、トラブルを自己解決することが難しい場合が多いです。そのため、修理を依頼することで、確実に修理を行い、再発を防止することができます。

業者が使うハイ詰まり解消用ツール
水道業者が使用するハイ詰まり解消用のツールは、以下のようなものがあります。

・ローダー: ローダーは、強力な水圧を利用して排水管内の詰まりを解消するためのツールです。高圧水流を発生させ、詰まりの原因物質を排水管から洗い流します。
・ルーティング機器: ルーティング機器は、電動のフレキシブルなワイヤーケーブルを使用して排水管内の詰まりを解消するために使用されます。ワイヤーケーブルは回転し、詰まりを破壊したり、引き抜いたりすることができます。
・高圧ジェット洗浄機: 高圧ジェット洗浄機は、高圧の水流を使用して排水管を清掃するために使用されます。水流は詰まりや汚れを効果的に除去し、排水管をスムーズに流れる状態に戻します。
・カメラ検査機: カメラ検査機は、排水管内部の映像を確認するために使用されます。これにより、詰まりの原因や詳細な状態を確認し、適切な対策を立てることができます。

これらのツールは、詰まりの原因や状況に応じて適切に選択され、使用されます。水道業者は専門知識と経験を持っており、適切なツールと方法を選択して詰まりを解消します。


取扱いメーカー一覧
解決までの道順


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.