詰まりの原因や要因

東大阪水道

台所の排水が詰まる理由

台所やキッチンのシンクや流し台の排水が流れなくなってしまう最大の原因として「油汚れ」が最も排水が詰まってしまう原因となっています。調理をし終わった後のフライパンを洗ったりラーメンの汁を流し台やシンクの排水口から流してしまうと排水経路上で油分が排水管やパイプに付着して、それが原因となり髪の毛や食材カスなどが絡み合って排水詰まりの原因となってしまいますので注意しなければいけません。

残念ながら油分は水に溶けないので、そのまま排水口に流してしまうと知らず知らずのうちに大量に蓄積し宅内全体の排水詰まりが起きてしまうことがあります。
冷えて油が固まると排水口だけに留まらず排水管にまでこびり付いてしまうことも詰まりを悪化させる最大要因となってしまうことがあるので油は流さないようにしてください。
夏の暑い間は、油分は排水管から下水管に液体のまま流れていくのですが、寒くなってくると下水管まで流れる間に油分が配管内で硬化してしまい詰まりが起きるメカニズムとなっています。
これを回避する方法としては、洗い物や油を使った調理をした後には、十分の水を排水口から促すことを心がけていれば排水つまりは回避することができます。洗い物を終えた後に桶一杯の水を流すことでも効果が十分にあります。
ですが、ちょっとしたお手入れをしなかったり、そのまま放置をしていると排水の流れがよくなることがなく残存してしまうので、油汚れが原因で台所の詰まりが発生しやすくなる。 また、食材カスが排水口に流れ込んでしまうと蓄積され詰まりを発生さる原因となります。

食材カスの流れを防止するには、しっかりとゴミ受けを設置することがもっとも有効的な対策となります。そして、細かな食材カスが流れてしまうことがないようにゴミ受けにはネットを取り付けるなど、より効果的対策を行っておくとかなり安心することができます。


台所の排水溝のお手入れ

台所の排水溝は、油や食べ物のくずなどが詰まってしまい、悪臭を放つことがあります。以下は、台所の排水溝のお手入れ方法です。

定期的な掃除をすることが大切です。シンクの下にある排水口に付着した汚れを、たわしやブラシでこすり落としましょう。排水口につまりがある場合は、キッチンペーパーを湿らせて、排水口に詰まったものを取り除きます。
たわしやブラシでは取りきれない場合、重曹とお酢を使った掃除を行いましょう。まず、排水口にお湯を流してから、重曹を数スプーンまぶします。その後、お酢を少しずつ加えていきます。重曹とお酢が反応すると、泡立ちが発生しますので、しばらく置いておきます。その後、お湯を流すことで、汚れを洗い流しましょう。
プロ用のパイプクリーナーを使用することもできます。これは、排水溝に注いで、汚れを溶かすものです。使用前に、取り扱い説明書をよく読んでから使いましょう。

(注意点) 排水口に硬いものを落とさないように気をつけることが大切です。また、排水口が詰まってしまった場合には、一度、専門業者に依頼して、解消することをお勧めします。

詰まったときの初動
流し台が詰まった場合の初動として、以下の手順を試してみることがあります。

・熱湯を注ぐ: 油や脂が原因で詰まっている場合、熱湯を流し台に注いでみることで詰まりが緩和されることがあります。ただし、プラスチック製のパイプや排水管には注意が必要です。
・プランジャーを使用する: プランジャーを使って排水口を押し込み、数回強くプッシュしてみます。これによって圧力がかかり、詰まりを解消することがあります。
・排水口のフタやトラップを外す: 排水口のフタやトラップには詰まりが原因となっているゴミや異物が詰まっていることがあります。これらを外し、清掃してみることで詰まりを解消することができます。
・排水管クリーナーを使用する: 排水管クリーナーは市販されており、排水管の詰まりを解消するための薬剤です。指示に従って使用することで、効果的に詰まりを除去できる場合があります。
・水道業者に依頼する: 上記の方法でも詰まりが解消されない場合や、排水管が複雑な構造を持っている場合は、専門の水道業者に依頼することがおすすめです。彼らは専門知識と適切な道具を持っており、詰まりの原因を特定し、適切な方法で解決してくれます。

ただし、安全面には十分注意してください。化学薬品の使用や過度な力の加え方などは、状況によっては逆効果となる場合があります。適切な保護装備を着用し、必要な場合は専門家に相談することをおすすめします。


取扱いメーカー一覧
解決までの道順


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.