目詰まりを起こしていて水位異常を引き起こす

東大阪水道

便器の水位が高くなる現象

トイレが詰まる時に多いのが排水をした時に排水口の吸い込みが異常に感じられた時にはトイレ詰まりが起きていることがほとんどです。排水をした時に排水口の水位をチェックしてみてください。チェックするポイントは、水位が高くなっていないかどうかです。
異物が詰まっている場合には、水位が安定しなくなることがあります。時間がたってみて元に戻る場合には、完全に詰まっている状態ではありません。
しかし、水位が戻らないようであれば完全に詰まっている可能性が高い状態にあります。このような状態でさらに排水をするのは避けてください。便器にたまっている水が少しでも水位が高いと便器からあふれてくる可能性があるからです。通常の位置に水があると満水になっているトイレタンクの水を全て流したとしても便器から溢れ出すことはほとんどありませんし、溢れないように製造メーカーで計算されてそ水道終わりだし製造しているからです。
しかし、水位が高いと便器から水が溢れてくる可能性があるので要注意です。

東大阪範囲紹介紹介
羽曳野市 柏原市 泉佐野市 貝塚市
相談の応じます!
泉大津市 河内長野市 阪南市 富田林市
泉南市 藤井寺市

便器の水位が上がる場合には、ラバーカップを使うことも有効ですが物を流してしまってつまずいてしまった場合にはラバーカップを使って吸引することは絶対にやめましょう。
また、自力解決ができない場合や不安がある場合には、早急に専門業者に相談することをおすすめします。


和歌山県紹介紹介
和歌山市
有田市 岩出市 海南市 紀の川市 橋本市

取扱いメーカー一覧
修理料金(基本)
解決までの道順


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.