詰まる要因について

東大阪水道

排水が詰まり原因について

便器の排水が詰まりを起こすのは、だいたい同じよう原因で排水トラブルが発生します。その要因をご紹介します。

大量のトイレットペーパー
原因として一番多いのが、トイレットペーパーの使い過ぎによる詰まりです。トイレットペーパーには、水に溶けにくい材質の物やすぐに水に溶けるようにできている材質のものがあり、一度にたくさんの量を流しすぎる溶けきれずに詰まり事があります。
物を落として流れてしまう
次に多い詰まりの原因は、携帯電話や芳香剤のキャップなどの固形物を落とし流してしまったケースです。小さい物だから、あるいは触りたくないという理由でそのまま排水してしまうと排水トラブルになること多大です。
異物を流す
ここでいう異物とは、嘔吐物や猫砂などを指しています。飲み過ぎや体調が悪いときなどは、トイレで嘔吐することもあるかと思います。ペットの排泄物と一緒に猫砂などを流してしまう場合もあります。
下水管が目詰まりを起こして
トイレ・便器の詰まりだと思ってラバーカップなどを使って何回もつまり抜き修理をしているなど思い込みをしているケースがあります。下水管が目詰まりを起こしていいれば同様な詰まりの症状が発生します。
節水のためによる悪影響
節水の目的で、タンクにペットボトルを入れるケースが多く見られます。節水のアイデアとして有名な方法なのですが、設計上、タンクに必要な貯水量で計算されて製造していますから、入れることによってトイレつまりの原因となります。タンクの中に何かを入れる行為は、逆に水の無駄遣いを招く場合もあります。また、タンクの破損や故障を引き起こすこともあるので、注意が必要です。
完全に流さない
大便をしたのに小の水量で排水する人がいます。それどころか、毎回流さないという方もいるようです。このような場合には、排水しているように見えて、実際には、排水管の途中で残留物として停滞してしまっていることがあり、後々、下水管詰まりを起こします。現在のトイレは性能が向上し通常使用でも節水してくれるものも増えています。トイレの場合は無理に節水しない方がいいでしょう。
重要な事は、基本的にトイレに流していいのは排泄物とトイレットペーパーだけです。それ以外のものはトイレに流さないように心がけましょう。トイレに流せるタイプのお掃除シートなどがありますが、節水型トイレでは水量が極めて少なく詰まりの原因にもなっていますので、こういったものも極力流さないようにしてください。

当社では、昼夜対応していますのでお困りの際にご連絡下さい。敏速にお伺いし水トラブル解決に努めます。



地域紹介紹介
奈良県 奈良市 生駒市 宇陀市 橿原市
香芝市 葛城市 五條市 御所市
桜井市 天理市 大和郡山市 大和高田市
修理業者が緊急対応
和歌山県 有田市 岩出市 海南市 紀の川市
橋本市 和歌山市
相談の応じます!
東大阪範囲
羽曳野市 柏原市 泉佐野市 貝塚市 河内長野市
泉大津市 阪南市 富田林市 泉南市 藤井寺市

取扱いメーカー一覧
修理料金(基本)
解決までの道順


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.